FC2ブログ

葵的瞬間別館

フィギュアスケートからたくさんの幸せをもらう瞬間。
2019 081234567891011121314151617181920212223242526272829302019 10

FOI 2019

15672971330.jpeg


はい、新横浜駅です。



今年もフレンズオンアイス(以下、FOI)の季節がやってきました。

実は今年はあまり気合を入れて申し込んでなくて(件数多く申し込んでない、という意味で)、
全公演申し込めば、数打ちゃ当たるかもしれないけど、ピンポイントで楽公演のみ申し込んでいたので、当たるわけなく・・・。

最後の方の一般発売で、あわてて金曜日を申し込んでみたけど、やっぱり当たるわけなくて、全滅でした。

そろそろテレビ観戦でもいいかな、なんて思っていたので、落選してもさほどショックでもなかったのですが、土曜の昼公演を譲っていただくことができて、大ちゃんの新SPを観ることができました。


あんなすごいSP観せてくれるって最初からわかってたら、全公演申し込んだのに!
(ほんとか?)



・・・って、思うくらい、私が想像していたより、大ちゃんのSP、スゴかったよ!
(語彙力なし)



いやー、もう、言葉で表せないです。



33歳で、こんなスゴイの観せてくれちゃうんだ!!
まだまだ私たちの知らない大輔の世界があるんだなぁー・・・。



最近は、大ちゃんへの気持ちも、スケートへの気持ちもだいぶ落ち着いて、私の中では若干フェイドアウトしてるところがあったけど、久々に

「大ちゃん、かっこいいじゃん!」って思いました。



あ、でも夜眠れないほどとか、ご飯食べられないほどとか、脳内リピが止まらないほど、とかではないですけど(笑)。



これ、ジャンプ全部はまったら、すごいだろうなぁ~。

試合が今から楽しみです。



・・って、大ちゃんの感想だけで終わっちゃった。

他の感想はまた後日!
[ 2019/09/01 09:20 ] FOI | トラックバック(-) | CM(0)

氷艶・2019-月光かりの如く-

氷艶2019


2017年の氷艶に続く第二弾、「氷艶・2019-月光かりの如く-」を観てきました。
私は千秋楽公演、1回のみの鑑賞でした。

初日からいろんな感想を目にしていたので、ある程度の期待と覚悟を胸に、会場入りしました。
(ちょっと大げさw)

まず源氏物語好きな私としては、「これは源氏物語じゃない、オリジナル作品なんだ」という気持ちで見ないと、作品として失望してしまうかもしれないので、そこだけは肝に銘じて鑑賞しました。

そのせいか、物語は意外とすんなりと受け入れられて観られたかな・・・、という感じです。

この心構えがなかったら、1回しか観ない公演中に、 「そんな展開ありえない」 「そんな設定無理すぎる」 とか思ってしまって、純粋に楽しめなかったと思うので・・・。



それにしても、大ちゃん頑張っていましたね!!
すごいらしいと聞いて期待はしていたけれど、正直、ここまでできるなんて、想像してなかったです。
まさに 「誰が想像しただろう、これほどの光源氏を」 でした。
DVDのタイトルどおり、「誰も知らない高橋大輔」 を見せてもらった気分です。
(と、書きながら、最近発売されたの・・・買ってないですけど…スミマセン)



大ちゃんだけでなく、他のスケーターさんたちも、表現に対する努力が素晴らしかったです。
歌手、俳優、元宝塚スター・・・と、歌や演技のプロフェッショナルたちに混ざっても、違和感なく、一つの舞台に溶け込んでいました。
また、俳優さんたちもここまでスケート滑るのか!!と驚かされました。
相当スケートの練習頑張ったんだろうなぁ~、やっぱり才能ある方たちって、何をやっても極められるんだなぁ・・・。
みなさん、本当にスゴイ!!!
(語彙力なくてスミマセン)

また、和太鼓とという和の音楽、現代デジタルアートの技術を存分に使ったプロジェクションマッピングも融合されて、素晴らしい総合芸術舞台になっていました。

前回の氷艶の舞台演出も素晴らしかったけれど、今回の方が話の筋がわかりやすくて感情移入しやすかったので、全体的に考えると、今回の方が面白かったかな。。。

きっとまた何年後かに次回があるかな?と思っていますので、またそれを楽しみにしたいと思います。
(でも次回があったとしたら・・・、すごく観るほうの期待値のハードルが上がりそうで、演出が大変そうだ・・・(苦笑)。)

それにしても、スケートって舞台の上で「風」を感じるので、和装の袖が翻るさまとか、風に散る桜や紅葉や雪とか、和風なものが本当に似合うと思います。
また、滑っていることで、時間の経過や気持ちの変化を表現することができるので、ナレーションがなくてもわかりやすい。
ストーリー性のあるものを表現する手段としても、スケートって、とても良いな、ということを再認識しました。
できればこれからも、いろんな演目をスケートでやってもらいたいな、と思います。
[ 2019/08/27 22:00 ] 氷艶 | トラックバック(-) | CM(0)

DOI 2019

DOI2019

今年も Dream on Ice  を観に行ってきました。
今年は日本選手の出演者が少なくないですか??
と、ちょっと寂しい感じなのが行く前から気になっていたのですが、さらに直前に壷井くんが怪我でOUT。

新横で豪華な海外スケーターのゲストを観られるお得感はあるとしても、DOIは本来そういう趣旨のショーじゃないよねぇ・・・と、ちょっぴり複雑な気持ちで会場に向かいました。

しかも、アイクリさんから受け取ったチケットは、西の端っこ。
DOIは新しい競技プロを滑ってくれる選手が多いから、できれば東で!!と思った願いも虚しく撃沈・・・。
ま、これは仕方ないですけどね。

私の中では、「ショー」としては全体的に盛り上がりに欠ける感じではあったけど、新プロお披露目会としては、なかなか良かったと思います。

特に競技用のプログラムを披露してくれた選手は、どのプログラムも振付が素晴らしくて、なんかこう、新しい時代だなぁと感じるものが多かったです。

昔より今の選手って、手や上半身の動きが複雑で、目で追っているうちにあっという間に終わっちゃう感じがします。

日本の現役選手の中で、私が印象に残ったのは
垂水爽空選手、紀平梨花選手、横井ゆは菜選手、白岩優奈選手、川畑和愛選手、神宮アイスメッセンジャーズ かな。
チームココの美里ちゃんもピンクのアフロのカツラでかなり攻めてるビジュアルで(笑)、会場を乗せてくれて楽しかったです。

3人のロシアっ子たちの技術は素晴らしかったです。

一番人気はトルソワちゃんなのかな?
私はコストルナヤちゃんが好きなので、観ることができて嬉しかったです。
ロシアっ子たち、みんな上手だけど、でも演技の魅せ方としては、私は日本選手たちの方が好きかなぁ。

ま、今回は(今回も?)なんといっても、ネイサンが持っていったーーーー!って感じです。
仕方ないですよね(苦笑)。

オフシーズンなのに、フリー滑ってくれた上に、ジャンプ全部決まるし、体キレキレだし、忙しいだろうに、どうやって体調も筋力も技術もキープしてるんだろう??って尊敬します。

ヴィンスの滑りも素晴らしかった!!
なんか神々しささえ感じるような滑りでしたよ。

さあ、スケート暦としては、本日が元旦。
新しいシーズンの幕開けです。

今年はどんなシーズンになるのかな?
毎年同じことを言っていますが、どの選手も怪我なく自分の目標に向かって頑張れるシーズンになりますように!!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
DOI2019出演者
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


男子
田中刑事、友野一希、佐藤駿、垂水爽空

女子
紀平梨花、坂本花織、横井ゆは菜、白岩優奈、川畑和愛、荒木菜那、手嶋里佳

ペア
三浦璃来&市橋翔哉

ダンス
小松原 美里&ティム・コレト

シンクロ
神宮アイスメッセンジャーズ

ゲスト
ネイサン・チェン、ヴィンセント・ジョウ、アリーナ・ザギトワ、アレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリョーナ・コストルナヤ、バネッサ・ジェームス&モーガン・シプレ
[ 2019/06/29 22:00 ] DOI | トラックバック(-) | CM(0)

美のツボ。

少し前に今井遥ちゃんの本を買いました。

いつも素敵な衣装を身にまとっていた遥ちゃんらしく、衣装やメイクなど、美しさについて多く語っています。

美のツボ

そんな遥ちゃんと、美しい衣装制作で有名な伊藤さんの講座があると知り、秒で申し込みました!

遥ちゃんが現役時代、いつも衣装が素敵で、「どこで作ってもらっているんだろう」とは思っていましたが、それが伊藤さんの作だと知ったのは、わりと最近のことです。
「えー!!あのたくさんの有名選手の素敵衣装を作っている方だったのか!!」と驚きでした。

そして、テレビで放送された「セブンルール」の伊藤さんの回を拝見して、想像していたギャップにいい意味で裏切られて(笑)、なんてすごい人なんだろう!!お話を聞いてみたい!!お会いしてみたい!!!と思うようになり、そう思っていた矢先の講座だったのでした。

美のツボ衣装


この二つの衣装は私も大好きです。
左のマラゲーニャの衣装は背中もとっても素敵なのですが、お写真撮るの忘れました・・・。


講座の内容のレポは禁止なのですが、感想はOKとのことなので、さらっと書きますが。

まず、遥ちゃん。
もうね、美しい!可憐!そこにいるだけで周りを幸せにしそうななオーラがありました。
途中からサプライズゲストもあって、トークは本当に面白かったです。

そして後半に伊藤さんの登場。
この方が、フィギュア界の美しい衣装の数々を・・・。
もう感動です。
テレビでは、人が嫌いとか友達いないとかおっしゃっていましたが、お話慣れしてる感じがするし、トークの進行上手だし、とてもそんな風には見えませんでした。

セブンルールを見てても思ったのですが、人が嫌いだったら、こんなにたくさんの選手の個々の希望に合うようなデザインができるはずないし・・・、衣装に込めた選手への思いをひしひしと感じます。
(でもその思いは決して選手には伝えない、というところもぐっときます!!)

伊藤さん、とてもキュートで可愛くて細くておしゃれで、でもとっても謙虚で、もう本当に素敵でした!
伊藤さんの衣装のおかげで、フィギュアを別の角度から観る楽しみ増えたので、お会いできて本当に嬉しかったです。
サインまでいただいてしまった!!宝物にします!!

また講座があったら行ってみたいし、いつか衣装展やってほしいです。

来季も素敵な衣装の数々を楽しみにしています。



遥ちゃんも、サンクスツアーやコーチ業、頑張ってください!!
・・・と、チケットが取れず観に行くことができないので、ここでつぶやいておきます(苦笑)。

[ 2019/05/18 22:00 ] 講座 | トラックバック(-) | CM(0)

PIW2019@新横浜

PIW2019

昨日はプリンスアイスワールドのショー(以下PIW)を観に行きました。

昨年の昨日は、朝から呼吸が苦しくて、首の痛みや体のしびれもMAXで、夜には救急車へ病院へ行ったっけ・・・。
1年後、元気にアイスショーを観に行けるなんて昨年の今頃は思いもしなかったので、本当に良かったなぁ・・・と心から思いました。

今年のテーマは 「Brand New Story」。
演出家も変わったようで、また新しいPIWチームの始まりってことなのかな。
・・・でもあんまりそうは感じなかった…かな(コラ!)

今年は例年より、チーム演技が多かった気がして、ますます目が足りなかったです。

ゲストは、荒川さん、本田くん、佳菜子ちゃん、しょーま、友野くん、本田真凜ちゃん、紗来ちゃん、壷井くん、真瑚ちゃん でした。
本田くんのとき、「たけちゃーん」って声援が飛んだのが、令和始まって初の衝撃でした(笑)。

まだ公演中ですし、他公演もあるのでネタバレは避けて、ちょこっと辛口な感想だけ・・・。

賛否両論あった佳菜子ちゃんのシンドラーは初めて観ました。
うーん・・・PIWでやるには微妙かなぁ・・・という感じでした。
重すぎて、ショーの流れを断ってしまった気がします。
別なショーで観たかったかな。

あと話題に上がっていた真凜ちゃん。
背も伸びて、さらに大人っぽい雰囲気になっていました。
雰囲気・・というか、もうすっかり大人の女性ですね。
華やかな雰囲気は変わらずで、彼女がリンクにいるだけで明るく感じます。

ララランドはとても彼女に合ってる気がしました。
・・・が、正直ララランド、もう今季でお腹いっぱいなのは私だけ?
好きな映画だし、好きな曲だけど、今季使われ過ぎてて、耳タコです。
ララランド加点、ってくらい、その曲が流れると手拍子で盛り上がりはするけど・・・。
でも表現しやすい曲で技術を安定させる作戦なのかもしれないし、好きな選手なので頑張ってほしいです。
[ 2019/05/04 22:00 ] PIW | トラックバック(-) | CM(0)
プロフィール

朔野 葵

Author:朔野 葵
-- Aoi Sakuno --

乙女座 AB型 プリンと心地よい睡眠がエネルギー源。
近頃「癒し」「和み」と名の付くものに弱い。
春~夏は野球、冬はフィギュアスケート観戦が楽しみ。

*** *** *** *** ***
web拍手、ありがとうございます!
励みになります♪

FC2カウンター